かりゆかの記録、光州編

いつもわくわくを探しています。光州だいすき

大学院生ってこんな感じです(一例)

明けましておめでとうございます!!!明けてしまいましたね!!!そしてお正月も過ぎ去りましたね!!はやい!!

 

お正月は私もちょろっとだけ日本に行ってきました!一週間ちょっとだけ帰国して、昨日韓国に戻ってきました~~はやい!!

 

学期が終わって少し経ちましたが、今学期も無事にすべての授業課題発表が終わったのでほっとしています。。

 

 

(今回も終盤死ぬかと思ったダヨ。。)

 

 

一段落ついて時間ができたので今回は大学院の授業がどんな感じなのか、院生がどんな風にすごしているのか、等 大学院についてのお話を書いてみようかと思います。

 


とはいっても、韓国にある多くの大学院の中のひとつに通う、私個人の紹介する内容であって、韓国の大学院がみんなこうだ!というわけではないので、

 

ほう、そんな風に院生活を送ってる人もおるんやなぁ~的な軽いノリで読んでもらえたらいいんじゃないかなと思います。

 

 

はいさっそく私の専攻についてさらっと。

 

まず、私は 인문대학 국어국문학과(人文学部 国語国文学科)で韓国語の言語学を学んでるのですが、うちの学科の(さらには私の専攻分野の)教授たちは非常に情熱的で厳しく指導してくださるいい言葉に言い換えようとめちゃくちゃ頑張った ので、他に比べて

 

 

 

厳しい、つらい、簡単に卒業させてくれない 学科 

 

 

 

と言われているらしいです。知らんけど。←入学後しばらくしてから友達に聞いて知った情報←つまり私は知らなかった←どうりでなんかつらいなと思った

 

 

 

肝心の授業のやり方について

 

これはまあ教授によって授業方式は様々なんですけど、国文学科の授業の中でも私の専攻分野である国語学系の授業について紹介したいと思います。

(国文学科のなかでも分野が国語学、現代文、古典文学の3種類に分かれています。)

 

国語学の授業は主に

 

院生が毎授業一人とか二人ずつ発表 → 受講者全員+教授で討論 or 教授による解説 

 

という形で行われることが多いです。

 

でこの発表なんですが、大学院の授業でよくする発表の方式?を韓国語では "발제(發題)" と言って日本語にすると発題なんですが、この発題という単語、日本でも院とか学会みたいな学術的な場では使われるのかな??

少なくとも大学までを日本で卒業した私はこの発題という言葉を知らなかったのだけど、院生の授業で初めてこの発題というものを知りました。

 

 

発題(발제)ってなんや

 

この発題(발제)が何かというと、NAVERの国語辞典の説明を借りると

討論や研究会のような類のところで、あるテーマについて調査し発表すること”らしいです。

 

大体初回の授業で、教授が院生一人ひとりにテーマを与えるんですが、院生はそのテーマについて各自ひたすら勉強して、内容をまとめる。で、まとめた内容について自分が講義するような感じで発表する。というのが発題(발제)であり、私が日ごろ参加している授業の主な方式です。

 

 

この発題というヤツがね、まあ当たり前なんですけどあるテーマについてただ整理してまとめるだけでなくて、内容について分析、自分の考えを展開するというところまでやってようやく完成なのですよね。。。これがほんとに難しい。。

 

初めの頃は、もらったテーマに関する基礎知識なんかも皆無に等しかったので、内容をきれいに整理したところまででも精一杯で、とてもじゃないが自分の考えなんかひねり出す余裕もクソもねぇぇえええ(号泣)という感じでした。

 

博士課程と合同の授業も多かったので、かっこよく自分の論を展開する博士課程の先生方(院生同士みんな先生と呼びあいます)を見ながらいつもカンドーしかしていませんでした。

 

今でも博士課程の先生方にはまだまだ及ばないですが、それでも初期よりはましになったのでは。。と思ってやっていないとやってられぬ。

 

 

はい次、そんな授業の準備について

 

こんな感じで授業のたびに発表の準備がいるのと、発表者じゃなくてもそのテーマについて予習討論するために自分の論を準備しておかないといけないので、

 

授業ももちろん大事ですが、授業のための日々の準備も同じくらい大事なのです!!

 

どういうことかというと、授業以外の時間もめちゃくちゃ大変で忙しい!というか私的にはむしろ授業以外の時間のほうが大変な気がするヨ。。。

 

 

よく院生は授業少ないから授業以外の多くの時間は暇してると思われることがあるんですが、その度に心の中で違うんやあ~~~~~~~と泣いています。

 

むしろ授業以外の時間が忙しくて大変なんすよ。。(涙目)そんでもって当たり前やけど授業と授業の合間って1週間しかないので、授業たくさん取りすぎると準備が追い付かなくなり、まもなく死にます

 

実際に私自身も、「院生になったら少し余裕もできそうやし学部生の授業とか、専攻分野以外にもなんか授業とりたいなあ」なんてくそ呑気に思ってましたが、実際院生やってみて、

 

あ、物理的に無理やわ。そんな愚かな真似したら控えめに言って確実に死ぬ

 

と察しました。

 

 

あ、でその授業以外の時間に授業の準備をどんな感じでやるのかなんですが、重要な部分書いてなかった。。

 

発表者の場合

1、与えられたテーマについて理論書等を数冊読んでまとめる。(※①数冊読むことで客観的にまとめられるため。②用語が著者によって異なる場合が多いため。)

 

2、関連論文を探して内容をまとめつつ、論文を読みながら自分の考え(論)もまとめる。

 

3、発表文が完成したら、討論したい・質問したい・意見を聞きたい内容をまとめて発表文のどの部分で持ち出すか、等 発表の段取りを組む。

 

4、ひたすら練習

 

発表者でない場合

1、その週のテーマについての本を読むなど予習する。(発表者でなくても内容は全員理解して来ている前提で授業が行われるため。)

 

2、発表者に質問したいこと、討論したいことなどをまとめる。

 

 

という感じでまとめてみましたが、これはあくまでも私が実際に教授にダメだしされながら学んできた私個人のやり方なので、ベースは一緒でも方法は人によって違うかもです。参考までに。

 

 

で、ここまで見ても分かるように、基本的に大学院の授業では受講者が主体ぐらいの勢いになってくるので、当たり前ですが語学の面で不足しているともんのすんごくつらいと思います。というか卒業できないかも…

 

ということではい、

 

大学院に入る前にしておくと後で自分にとっても感謝されること。(留学生として、ここでは特に韓国の大学院への進学の場合)

 

その一:「友達と問題なく話せるレベル」ではない「専門的な分野も語れるレベル」まで語学力を上げておくこと。

 

その二:普段あまり使わないような学術的な語彙をひたすら増やしておくこと。(本や論文を大量に読むことになるのでこれしないと後でめちゃくちゃ泣く※実際にめちゃくちゃ泣いた人がお知らせします)

 

その三:専攻分野の専門書(理論書)を最低1冊は読破しておく。(その分野の専門用語とかを韓国語でインプットしておくと後でだいぶ楽になるのと、韓国語の本1冊を理解しながらも早く読む練習をしておくとよさげ※速読能力めちゃくそ大事)

 

 

そろそろおわるよ

 

こんな感じで大学院での授業の一例を書いてみました。日本の大学院がどういった感じなのかを知らないので比較はできませんが、少なくとも大学とは違う、”大学院”なので、”受け身になってただ授業を聞く”という感じでは全くないということは強調したいです。←誰に

 

 

学期中はほんとひたすら走り続ける感じなので、冬休みの今のうちにやっておきたいことは済ませておこうと思います。。 

 

 

はい今回はこんな感じでおーーしまい!

留学を決めた時のおはなし

突然ですが、私は94年生まれの日本人です。

 

私がここ韓国・光州に留学に来たのは4年制の大学を卒業してすぐのことでした。

(しかも韓国は始業が3月なので卒業式もまだの状態で2月には韓国へ来ました。詳しくは→ 早すぎる一時帰国と卒業式。学生がおわる。 - かりゆかの記録、光州編 にて)

 

するとよく聞かれるのが

 

 

 

 

 

 

「就活はしたの?」

 

「なんで就職しないで韓国まで来たの?」

 

「新卒逃してまで韓国行くの?」

 

 

等々。。。

 

 

 

実際に自分がこのような決断をするまでに本当にたくさん悩んで迷ってたくさんの人たちに相談してそして、最終的に自分を信じて自分で決めたことなので

 

そして今こうして韓国で大学院生としての日々を送りながらあの時の自分の決断に満足しているし、自分を信じてあげられてよかったと心から思っているので

 

もし私のように自分の人生に悩み、最後の決断をできずにいる、自分を信じられずにいる、そんな人がこの記事を目にすることがあったとしたら、

 

そんな人がほんの少しでも勇気を出すためのきっかけのひとつになれたとしたら、

 

そんなことを考えながらこの記事を書いています。

 

 

 

ということで、留学にきて‘1年半以上が過ぎた今、”なぜあの時に留学を決めたのか”について書いてみようと思います。

 

 

  

 

卒業後自分が何をしたいのか?

 

正直この留学を決めるまで本当にめちゃくちゃ、いやめちゃくちゃくちゃくちゃ悩みました。

日本で大学生をしているときはもちろん日本で働くことしか考えたことがなかったので、就職して働くときにどんなことが必要になるか、自分にはどんな経験が足りないか、たくさん考えてたくさん行動もしてきました。

 

 

しかし、肝心の やりたい仕事 がまだはっきりしていませんでした。

 

 

 

大学生のころは興味関心が本当に広範囲に渡っていたので、本当に様々な活動をしてきましたが、色々な活動をすればするほど、自分の不足さや未熟さに気づかされ、もっとたくさんのことを知って、学んで、感じたい、といつも思っていました。

 

 

 

 

 

突然ですが、わたしは幼い頃から勉強がめちゃくそに嫌いでした。ホントに。

とにかくみんなと同じように「やらなければいけないこと」を無理矢理やるというのが全く気に入らず、勉強が好きと思ったことがなかったのです。

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

大学で心理学の勉強をしながら

 

 

 

あれ、心理学おもろい、、勉強タノシイ、、、!?

 

 

 

みたいな感じで大学生のときに初めて勉強が楽しいと思うようになりました。(ザックリすぎか)

 

 

 

 

で、学ぶことの楽しさに気づくと共に、自分の興味関心をもっと深めたい、何かをもっと深く学びたい、と思いました。

 

 

そこで初めて大学院への進学という選択肢が自分の中で生まれました。(当時は’韓国で’というよりはただ単に院に進みたかったんやけど)

 

 

 

就活への嫌悪感

 

大学生の時、バイト先の先輩や、周りの年上の人たちが死にそうになりながら(おおげさですか?)就職活動をする姿を見るたびに、

 

 

正直私は理解ができませんでした。(先輩方が理解できなかったのではなく、日本の就活ムードというか風潮・ルール等が、です。先輩たちは心から尊敬していましたし、今もしています。)

 

 

 

就活の時期になると、必要となる交通費・宿泊費 等のためにアルバイト。

書類は同じような内容を手書きで何度も何度も書き、間違えたらまた初めから書き直し。

みんな同じような雰囲気のスーツに髪色に髪形にメイクまで。みんな別の人間で、別の会社で、別の仕事をするのに。

他と違うのは’個性’として評価されるのではなく’浮いている’というマイナスなイメージとして扱われる。

 

 

 

 

こういった風潮を目にする度に、違和感とともに日本で就職活動をするということに対して嫌悪感を感じました。

 

 

 

私は理由の理解できないこのような’日本の就活’に反発したかったし、どうしても

個性を潰し、残り僅かの大切な学生の時間を、自分のために一生懸命貯めた大切なお金をこのような理解できない’日本の就活’のために使いたくないと思いました。

 

(ただのわがままにも聞こえるかもしれませんがこれが私です。すんません。)

 

 

 でもね、ただやりたくないと思って逃げるだけではこの日本社会で生きていけないので、自分のスペックを磨いて、自分の価値を高めて社会に必要とされる人材になろうと強く思うようになったんだと思います。

 

 

なんか熱く語ってしまいましたが要は「こんな就活イヤや!もっと自分らしく自由に、そんでもっと自分に挑戦していきたいんや!!」みたいな感じでした。うんたぶん。(適当)

 

 

 

自分への第二の挑戦

 

 

今回のこの留学の決断は、自分への第二の挑戦でもありました。

 

自己紹介の記事かどっかで書いたと思うんですが(適当)大学二年生の時にアメリカにインターンシップをしにいくプログラムに参加しました。

 

 

 

これが私の人生観やら物事の考え方やら本当に大きく変わるきっかけになりまして、自分、やってみたら何とかやれるもんなんや!という無駄に大きな自信がつきました。

 

 

そしてこれをきっかけに、自分のこれからの人生、常に自分に挑戦し続けていきたいと思うようになりました。人生一回しかないからね

 

これはかなり大きかったなぁ。。

 

 

韓国語の魅力

 

なんといってもこれが一番の理由やと思います。

私にとって’韓国語’というのはなんだか特別で、

 

 

卒業論文を書いていて、疲れたなあアイデア浮かばんなぁって時

 

アルバイト中の休憩時間

 

休日にすることがなくて時間ができた時

 

 

いつもするのは韓国語の勉強でした。楽しくて楽しくて、韓国語に触れているときが私にとってのヒーリングタイムになりました。

 

 

そんな私を見て母親がわたしに「まるで韓国語に恋してるみたいだね~」といったのを今でも覚えています。(笑) 

うん~自分でもそう思います。(笑)

 

 

 

 

 

まあやればやるほどはまっていった訳で、これはもう韓国に行くしかない、と。(笑)

 

 

韓国に行って、韓国で生活しながら韓国語だらけのなかで韓国語を学ぶ、こんなに幸せなことってない!!そして誰よりも韓国語うまくなってやる!うおお! 

 

 

みたいなちょっと狂った感じで(冗談です)韓国留学を考えるようになったのですが、なんせ新卒も捨てて留学に行くわけなのでただぬるっと行くわけにはいかない。

 

 

 

そこでいろいろと考えました。

 

 

元々大学院進学を考えてたんだから、どうせ韓国語極めるんやったらそのまま大学院を韓国で通えばいいのでは、、、、、!

 

 

 

 

えっと正直色々はしょりましたが(めちゃくちゃはしょり過ぎたような気もする) 

大体こんな感じで韓国に留学(語学研修からの大学院進学)することを決めました。

 

 

 

そろそろかっこよく締めたい。。

 

 

 

’周りとは違う’ 選択って勇気がいると思うしもしダメだったら…とか考えだすとやっぱり不安にもなるんだけど、でも今生きてるこの人生は私のものだし、私が主人公なのだから、私が信じて決めたように進めばいいと思ってるし、(もちろん自分のためを思って忠告してくれる人、アドバイスしてくれる人の話を真剣に聞くことも大事やと思います。ただ最終的に決めるのは自分だけれど。)

 

あとは、なによりもこういう私のことを誰よりも信頼して、応援して、いつも私の決定を信じて背中を押してくれた母親の存在が大きかったと思います。

 

 

 色々長くなってしまたけれども。

 

最後に一言だけ、書いて終わろうと思います。

 

 

ここに来てから1年半以上が経ったけれども。。。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは光州がだいすきです!!!!!

 

 

 

 

おしまい

 

人生で初めてオリンピックに行ってきた話

そういえば、2月の半ばくらいに私、オリンピックに行ってきました。人生で初めて行きましたオリンピック。

 

 

といってもオリンピック始まった時も、開幕してからもオリンピックに対してあまり興味はなく、ほほーやってるね。くらいだったんですが、、

 

ソルラル(韓国の旧正月)を前にして、せっかくの連休だし普段しない何かをしたい。何しよう。って思って、初めは「ひとり光州ツアー」とか「歩いてお散歩withカメラ」とか「インスタ映えカフェツアー」とか計画してたんだけど、計画中に母と電話してた時にこんな会話をしました。

 

 

それで、突如ひとり光州ツアーだとかなんとかツアーだとかを取りやめて!!カンヌンへ!!羽生君を拝みにオリンピックを観に!!!

 

行ってきたんですよね。

 

春休み中は割といろんなところ(京畿道のほう、スウォンやパジュ等)に出かけていたので、江原道にも進出したいなあと思っていたところに、予想外に早く進出が決まってかなりわくわくしました(笑)

 

しかし何が大変かって、ソルラルやん。光州からカンヌンって端から端やん。

まず、ソウルに上るときにいつもバスで行くのですが(やっすいから)連休なんて道混んでていったい何時間かかるか予想すらできないのでバス却下。で、KTX高速鉄道)のチケット探すでしょ、そりゃあねソルラルだもんわかってたよ…全部売り切れKTX却下。ここで早速心が折れる

 

あと交通手段なにあるっけ。。。

 

 

そ、空の便、、、、!!!

 

 

で、飛行機乗って金浦空港まで行きました。

https://www.instagram.com/p/BfMyMFPHpf0/

*どこかへ向けて、行ってきます。✈

 

飛行機ほんと快適だわー混まないし。

 

であとは空港から出てるカンヌン行きのバス予約したので乗って。4時間半くらいかけて。ちゃんと着きましたカンヌン。到着したとき疲れ果ててたなぁ…

 

きっと着いた日は疲れ果ててるやろうと思って競技の前日にカンヌン入りしたのでこの日はゲスハでよく休みました。

 

ゲスハが6人室だったんだけど韓国人の方やフィンランドの方などとお話ししたりして(みんなオリンピック観に来てた)とっても楽しかったです

 

そんで偶然知り合いがこの時期カンヌンでインターン(五輪関係の)してるってことで夜合流して会場とか市内の方とかいろいろ案内してくれました。ありがとうです

https://www.instagram.com/p/BfOODd0HueJ/

*どこかへやってきました〜笑正解は、カンヌンに、オリンピックを見に来たのでした。へへついに江原道にも進出やでーー*갑자기 올림픽을 내 눈으로 보고싶어져가지고 티켓을 찾아봤더니 의외로 남아있길래 갑작스럽지만 티켓을 구매해서 강릉까지 왔음 ㅎㅎ그리고 아는 오빠가 강릉에서 인턴하고있다는걸 우연히 알게돼서 연락해서 같이 관광해왔음ㅋ 일케 광주에서 먼데서 보니까 진짜 신기하더라 ㅋㅋ 여러가지 안내도 해주고 참.. 고마운 맘으로 가득하다..*#올림픽 #강릉 #オリンピック #江陵

 

で、次の日朝早くから会場に向かって!羽生君のいるところへ!!!競技場へ!!

 

席はそんな値段のクソ高い席ではなかったので少し遠目ではあったけども(代わりに報道関係者席に近かったので中居君がそこにいたよ。頑張ってしゃべってた。)、滑ってる音とかが聞こえてくる度に鳥肌が立ちました。

 

なんかここ最近私感情がよくよく高ぶりやすくて、ちょっとしたことでジーンときたりうるうるしてんだけど、もうぜんっぜん知らない選手が演技終えた時でも、とにかく一人一人の努力の舞台をこの目で見ているっていうその現実に感激しながら観てました。

 

もはやだれを応援というよりかは、今まで努力してきた力をここで選手それぞれがみんな全部発揮できますようにって祈りながら観てたよ。多分そういう気持ちで観てた人たくさんいらっしゃたんじゃないかな、って実際にそれが肌で感じられて、観客の雰囲気とかもすごく心地よかったなー

 

 

まあでもやっぱり彼はすごかった。。。羽生くんのあの演技を、生で自分の目で見られてほんとによかったと心から思いました。なんでそんなに人間的にかっこええんや君は。。

 

彼の演技を観て、私も一生懸命自分の人生を生きようと思ったのでした。

 

オリンピック、1回行くとはまるな。←はまった人

 

https://www.instagram.com/p/BfQQYuWHl9p/

*ほんとに来てよかった。羽生くんかっこよすぎる。なんかみてて、私も頑張って生きようと思った。*선수들이 이런 큰 무대에서 열심히 하는 모습을 보면서 나도 내인생을 열심히 살아야겠다는 생각이 들었다.. 그만큼 감동을 받았다*#강릉 #평창올림픽 #강릉아이스아레나 #피겨스케이팅 #하뉴유즈루 #オリンピック #羽生結弦

【私について】2018年版

yu-kari.hatenablog.com

 

↑最初の記事にも【私について】を書いたんだけれども、あれから1年経ってみるとまた新たな趣味関心が増えたり、考え方が生まれたりするじゃないですか

 

そんなわけで再び自分のこと(現在の)について、まとめてみようと思ってこれを書いています。

 

 

というわけではい、

 

現在の状況

 

韓国、光州にある全南大学で大学院(修士課程)に通って、

ひとり暮らしをしながら自炊に励む毎日。

 

 

 

ううむ。自分で書いといてアレだけど現在の状況って何書けばええんや。

 

 

。。。

 

 

 

よし次

 

好きなこと

 

いつも写真ばっか撮ってます

 

写真を撮ることは最初の記事でも書いたとおり相変わらず好きなんだけど、韓国でギャラクシーを購入してからはギャラクシーのスマホでほとんど撮影してます。

それでも時々は一眼を使って撮ったりもします。たまにね

 

おしゃれなカフェとか大好きなのでよく巡っては写真パシャパシャしたり、あとは食べ物の写真をよく撮るんですけど最近はその食べ物も自分で作るようになりました。へへ

最近はまっている料理のお話↓

yu-kari.hatenablog.com

 

韓国映画が好きすぎる

 

あとわたし韓国来る前から韓国映画がめっちゃ好きだったのですよ!!

最近までは春休みで比較的時間に余裕があったので結構たくさん見れたので幸せでしたひひひ

 

好きな映画の種類というかジャンル

 激しめアクションや犯罪系 「犯罪都市」「容疑者」「青年警察」「釜山行き」

 南北関係関連 「JSA」「隠密に偉大に」「鉄鋼の雨」「プンサンケ」

 歴史・実話系 「華麗なる休暇」「朴烈」「タクシー運転士」

*邦題を知らない物が多いので全て韓国語の題名を日本語にしたものです

 

他にも見た映画は色々ありますがその中でも面白かった、自分的お気に入りの映画を書いてみました。見ての通り恋愛系は全然見ません。笑

 

 

とくにここのところほんっとーーーーーにめちゃくちゃハマっているのが「犯罪都市」なんですけど、この映画好きすぎてもう、これほんとの話なんですけど、20回は見てます。もはや見過ぎて台詞イントネーションも再現しつつかつ同時に言える。

登場人物達のイントネーションやアクセントがツボなんだよね

 

で、ハマりすぎて最近は舞台になったところを巡り始めました。笑

 

ほんと自分ってハマるととことんなんですけど(だから今韓国にいるっていうのもある)こういうのってほんと楽しいし止まんないんだよねぇ~~~

 

 

と、まあ語り始めると止まらないので次

 

ツイッターめっちゃ好きなんですよ

 

ツイッターって、高校生の頃かやってるんだけど、それぞれ時期によって使い方というのか楽しみ方が変わってきているのもまた面白いところで。

 

高校から大学生の初期にかけてはクラスの子達くっそしょうもないネタで盛りあがったりあるいは、趣味が同じ人たちとネット上でわちゃわちゃしたりギャーギャー騒いだりしたり。(アカウントはもちろんリア垢とそうでないのと二つあった時代。笑)

 

大学生の途中からはあまりの自分のツイッターへの中毒さにちょっとセーブをかけるようになって、アカウントを1つ葬りました。笑

そこからは通常のツイッタラーをしてたんだけど、その頃から段々韓国語に対する興味関心が大きくなり、フォローする人とかも韓国語関係のアカウントが多かったかな。

 

この時期は友達から「お前の最近のツイートが読めぬ」と言われたり(無駄に韓国語でつぶやいたりしてたため)韓国行ってきますツイートが多すぎて「お前はなにじんやアニョハセヨ!」とか言われたりしてた。(この頃2ヶ月ごとに韓国行ってた)

 

で、このくらい時かな、ツイッター韓国語の勉強会やイベントみたいなのを見つけるとどんどん参加してて。そんな中で色んな方・色んな友達に出会って、今の自分がいるんですけど。

 

https://www.instagram.com/p/BdnB5Hjn9iV/

*私のいろいろな原点であるゆうきさんのセミナー最終回に行ってきました。まさかの再会があったり久しぶりの再会があったり新しい出会いがあったりまた今回もすごく楽しかった〜〜!光州で出会って仲良くなったえりなちゃんと名古屋で再会できたのが感動やで!まじで!笑*イラストは光州バージョン(택시운전사)のめちゃ素敵な私の似顔絵をサラサラッと書いてくださってほんとに感動!ありがとうございます!!!*髪色(と前髪)変わったので一瞬ゆうきさんに認識してもらえませんでしたが、(笑)黒髪似合ってるねと言ってもらえたのでよかったです。(笑)それにしても前髪。ちくしょう。(笑)*

 

わたしよく思うのが、ツイッターのおかげで本当に大切な、重要な出会いがたくさんあって、こんな風にツイッターを自分の人生に活用できるようになれて良かったなあって。

 

ツイッターって、色んな不特定多数の人と交流できるし、色んな人の考え方を知ることが出来るから、めっちゃ好きです!!!

 

はい次

 

人がすき

 

わたしもともと人見知りめちゃくちゃひどい人だったんですけど、人は好きだったんですよ。何を言っているか分からないと思いますが、まあそうだったんです。

 

それで、人が好きで、人に喜んでもらう接客が好きで、スタバでバイトをしていたのですが。スタバで働きながら色んな人たちとお話ししながら、人見知りもだいぶ改善されたように思います。

 

あとはさっきも書いたとおりツイッターを通して韓国語関係のイベントや勉強会などに参加したり、大学生の時はボランティア活動とかもすきで結構色々参加していたのでそういう新しい出会いの場に参加するうちに人との上手な関わり方も学ぶようになり、どんどん新しい出会いがまた増えて、という感じでした。

 

今でももちろん人が好きだし色んな人との出会いが好きなので、色んなところへ行ったり、結構誰にでも気軽に話しかけたり、そういうことは積極的にしています。これはこれからも続けていきたいなあ

 

興味関心のあること

 

方言がほんとにすきすぎる件

 

ツイッターでもよくつぶやくんだけど、方言フェチなんだよねわたし。

日本語の方言ももちろん好きですけど特に韓国語の方言がたまらなくすきですたまらなく、です。

 

これね分かってくれる人にしか分かってもらえないんだけど、特に好きなのが北朝鮮(북한말)のイントネーションとか朝鮮族の方達のイントネーションや独特のアクセント。あともちろん光州らへん(전라도)の方言も大好きだし、釜山とか(경산도)のなまりもすきやしとにかく韓国語の地域ごとのイントネーションの違いや方言にはとっても惹かれます。

 

教育分野

 

これは大学生の時に個人的に関わっていたある事業をきっかけに興味を持つようになって、今でも主専攻ではないけれども個人的に色々と記事を読んだり本を読んだり論文を読んだり。よくよく教育について考えることが多いです。

 

その大学生の時に関わっていた事業の内容というのが、生活保護を受けている子どもを対象にした学習支援だったんですが、ここで多くの「事情を抱えた子ども達」に出会い、色々と考えさせえられるきっかけになりました。

 

もともと学部生の時の専攻が心理学だったこともあり、教育という分野には近いところにいたのでより関心が深くなったのかな。

 

南北関係(朝鮮半島 한반도)に関心があるヨ

https://www.instagram.com/p/Be_8ZjoHlwo/

*去年の11月に出来たてほやほやの国立625戦争拉北者記念館 にも行ってきた。(というかもとはここに1番行きたかったんだけど。)ここも本当にたくさんのことを考えさせられた。またこれも感想はFBにしようかな。。日本人の拉致被害者の方々のお名前もしっかり記録された。バスがね〜予想以上に全然走ってなくてタクシーにしゃーなし乗ったんだけど運転士さんとずっと楽しくお話しながら行けたのでまぁよかったかな。けど帰りは運良くマウルバスに乗れて満足。初めての土地ではその土地のバスに乗りたいというこだわり(笑)*#파주 #임진각

 

 

わたしわりと昔っから北朝鮮という国にはよくわからない興味というか、(何も知らない幼い頃は恐怖感と憎悪感がほとんどだった)なんか気になるって言う感じがしていて。それが大きくなるにつれて知識も増えて、朝鮮半島の歩んできた歴史を知り、どうにかして今の状態から変わらないかと願う気持ちも芽生えて。

 

全然専門で勉強しているわけでもないので偉そうなことは言えませんが、わたし的には「統一」という道が正しいのかどうかは分からないんだけど、それでも朝鮮半島全体が自由に、平和に生きられる時代が来ることを心から願ってます。

 

https://www.instagram.com/p/Be_59zFnZEe/

*어제는 첨 파주로 갔다왔음원래는 DMZ도 가려고 했었는데 생각보다 시간이 없어 보기근데 그거 빼도 볼만한게 많아서 충분히 만족할 수 있었다DMZ는 못갔지만 자유의 다리나 인진강을 보면서 민통선이 바로 거기에 있다는걸 느꼈고 많은걸 깊이 생각하게 되는 기회가 되었던것 같다*昨日はソウルを離れて初のパジュ市てところに行ってきた〜イムジンカクという所に行ったんだけど、軍事線の手前の民統線がすぐそこにあって、なんとも言えない気持ちになったし、うん。詳しい感想はFBに投稿しようかな、久しぶりに。*3,4,5枚目は自由の橋7枚目は展望台から北の方を撮った写真で河の向こう側にトラサン駅がある(ほんとは行く予定だった。。)*#파주 #임진각 #자유의다리 #풍산개

 

あと、わたしはメディアをほとんど疑いの目でしか見ていないので←やなヤツw自分で実際に見て、調べて、聞いて、それからようやく信じるようにしてるんだけど、そうなると、北朝鮮という場所についてはほんとに興味深くて(だってそういう情報がほとんどないから)、機会ができ次第現地に行って実際に自分の目で見たいんですけどまあこの話は家族にするといつもお願いやからやめてと怒られるんで内緒やけどね。。。笑

 

 

 

軽い内容からまじめな内容まで色々と書いてしまった。

こんな感じで、そろそろ肩が痛くなってきたので終わることにします。

 

また自分のことについてはその都度記事にしていきたいな~自分の記録として。

 

 

おーしまい!っぴょん

料理にハマるなんて...

 最近、というか韓国でひとり暮らしを始めてからハマったんです。料理

 

 

こんなんとか

https://www.instagram.com/p/BeQEyZ7nzdp/

*めっちゃくちゃ久しぶりにごはんつくった…+·野菜ときのこのコンソメスープ·ナスと豚肉のオイスターソース炒め·水曜日のネコ 笑+ナス美味しい。ってか野菜美味しい。最近ひたすら野菜が食べたくて野菜ばっかり買ってきてる人*#ひとりぐらし #自炊 #자취생 #요리스타그램 #水曜日のネコ#혼술 #ひとり酒 #このあと課題するよ 笑

 

こんなんとか

https://www.instagram.com/p/Be0GZJDnky5/

*今日はちょっとむしゃくしゃすることがあったので料理するぞおおおううあ!って気持ちで家に帰ってきたらなんか知らんうちに1時間くらい寝てた……いらいらが最強になると睡魔来るやつ(笑)まあそんなことはどうでもええんや。。++鶏の照り焼き+じゃがいもとキノコのミルクスープ+にんじんのラペ(ドライフルーツとナッツ投下ver.)+*#料理 #今日のばんごはん #自炊 #자취생 #요리스타그램

 

 

で、なんかね。なんで自分が料理にハマったのか考えてたら色々と理由が思い浮かんできたのでなんとなく記事にして残しておこうと思った、ので、

 

①韓国に来て急に料理にはまった理由

②超自分的料理のススメ(したいとは思ってるけどなかなか行動にできない人←過去の自分向け)

 

を、まとめてみようと思います。

 

でね、これほんとに自分がいちばん驚いてるんだけど、私が料理してるなんて。って。笑

日本で住んでたとき、大学生してたときは実家から大学まで通っていたので、もちろん家事は全くせず。

 

朝ごはん夜ごはんは待ってたら出てくるし、お洗濯物はカゴにポイっと入れておけば次の日には洗われて乾いて畳んであるし、忙しい忙しいいうてるとお部屋掃除しといたからね~とお部屋が綺麗になってるし、知らんうちにお布団がおひさまの良い匂いになってふかふかになってるし、、

母ほんとありがとう。。。

 

 

ほーんとに実家にいるときは料理なんてもちろん家事関連のことなんてほぼほぼしてませんでしたです。反省はしている

 

けど、これね多分うちの家族に言っても絶対信じてもらえないんだけど、料理はしたかったのよ!笑

 

料理したい気持ちはあんだけど、実際にするとなったらまず時間のある週末でしょ。そんでもって週末は家に家族4人そろってんのに自分の分だけ作るなんて出来ないから料理するとなると4人分作ることになるでしょ。やってみたいなあという興味だけで、うまく出来る保証もないのに4人全員の1食の責任はとれん!!!ってなるやん?笑

自分ひとりなら失敗してもどうってことないけど、家族が食べるとなると、失敗したくないじゃん!するとねやーめたってなるわけですよ。笑

 

という誰に対してかわからん言い訳はええんや。。

 

 

そんなんで、料理のの字もわかんないようなやつが、韓国に来て料理が楽しくてストレス解消までになっているという。。で、その理由を考えてみた。

 

 

 

①韓国に来て急に料理にはまった理由

 

その1:大学院の課題や論文からの逃避←

 

自分でこれ書いてて恥ずかしいわ。。笑えない

大学院に入学する前から少しずつ料理はしてたんだけど、入学してから課題!論文!とにかくすることが多いじゃない。

だから授業、スタディー全部終わって家に帰ってくるでしょ。まあすぐには始めたくないわけですよ。やらなきゃいけないんやけど、やりたくない。でも時間をただ無駄にするのもあとから後悔が襲ってくるからいやだし。

で、そんな自分への言い訳としてごはん作ろ。という選択になる。料理してる間は結構夢中になってるので課題のことも忘れられて、でも決して時間を浪費してるわけでもなくて。

料理ができあがったら写真撮ってインスタに載せて。で美味しく食べて。

 

完璧な逃避になるんですよね!!!

 

でも自分の中ではごはんは必ず食べなきゃ行けないし、そのために料理してるんやからこれは逃避ではないという確固たる自信もありつつ。笑

 

という感じで自分の中で良い感じにストレス解消にもなりつつ二つ目の理由は

 

その2:インスタ映え

 

わたしもともと写真撮るのがすごく好きで、特に食べ物の写真をよく撮って載せるのが好きなんだけれども、インスタ始めてから、主婦の方とかが自分で作った料理をおしゃれに撮って載せてるのを見ていつか自分もやりたい!っていう憧れがあったんだよね。

それで料理するようになって、はじめはもちろんうまくいかないこともあるからそういうときはインスタ映えしないから載せないでしょ?笑

そうすると、インスタに載せるために次はもっと綺麗に作ろうという意欲がわいてくるし、美味しそうに作ろうって頑張れるようになるんだよね~(単純)

 

あともうひとつ、これはなんというか、ひとり暮らししながら料理もちゃんとしてる自分っていうのをアピールしたかったのもある。笑

これ結構効果的で、

最初らへんとかは特に、長続きしないから、作るたびに載せることで作らなくなるとインスタ見てる友達とかが「最近料理サボってるやろ~」とか指摘をしてくれるのね。そうするうちにだんだん自分でも、最近料理の写真載せてないから料理しようかな~って思えるようになったんですよね。(単純)

 

はい。じゃ次

 

②超自分的料理のススメ(したいとは思ってるけどなかなか行動にできない人←過去の自分向け)

まずわたし最初の方でも言ったとおり、料理のの字もわかんないようなやつだったので、ネットで作り方調べて文字で読んでも全く頭に入らないし実際やろうとしてもわかんないんですよ。

 

そんなわたしにとって最強の教科書がユーチューブでした。笑

 

映像で、リアルタイムで説明しながら実際にどう変化したらどうすれば良いのかが理解できるのですごくわかりやすくて私にはぴったりでした。あと人が料理してる映像見てるとよりやる気が生まれる気がするんだよね。うん。

 

で、しかも映像で理解すると、ここでこの材料代用してもイケそう、とか、これに変えたら違うバージョンでイケそう、とかアイディアも浮かびやすい。気がする。

 

あとはクラシルとかそういう系の早送り動画とかもよく見ます。

 

 

 

もう一つあるとしたら既述だけどインスタに載せるとか誰かに見てもらうことでコメントをもらいモチベーションをあげる

食べてくれる家族や恋人がいればその都度感想やFBをもらえるんで良いんだけど、ひとり暮らしやと完全に自分で作ったら自分が食べて終わりでしょ。なんて言うかモチベーション保つのが難しいと思うんですよ。だからSNSに投稿するって、結構いいと思うんだよね。いやーSNSって素晴らしい。←SNSだいすき

 

 

と、ここまで料理について語ったわけですけど、この記事一生懸命書いてたら夜ごはん食べるの忘れてたっていうオチで終わります。

 

最後に。最近作ったピカソじゃなくてーピカタというらしい食べ物載せてみる

https://www.instagram.com/p/Bf5iur3HmSK/

*ピカタって何やろ〜と思いながらピカタを作りました。豚肉でチーズとミニトマ包んだよ。++豚肉のピカタ+野菜や果物たち+#ひとりぐらし #韓国留学 #개강 ...

 

 

明日もいいことありますように。っぴょん

 

居酒屋さんでのできごと

 

最近こんなツイートをしたら、なかなかたくさんの方に読んでもらえたのでちょっと詳しく(はしょった部分がかなりあるw)記事にして残しておこうかなって思います。

 

 

この日、久しぶりに集まるメンバー3人でオリタン(光州名物)を食べながらお酒を飲んでいたら、なかなか盛り上がって2次会に行ったんだよね。

 

2次会はなんというか、韓国によくある狭めの居酒屋さんに行ったんです。

で、おつまみに銀杏だいすきとか食べながらまあ楽しくぺちゃくちゃしつつソジュ飲んでたんやけど、

 

こういうところで外国語(日本語)話してるとまあちょっと目立つのか、

近くに座ってた男の子たちが(なんかわざわざ大きめの声で)自分たちの知っている日本語を披露しあっていたりするわけですよ。(笑)

 

これまあここで生活するようになってからあるあるなことなので、いつものようにかわいいやつらめ~とか思いながら飲んでたら、

今度は居酒屋のおばちゃんが、私たちの席にきて

 

「あなたたち日本の子たちなの?」

 

ってきくんだよね。なんでかな?って思いながらもそうですよ~と答えたら、

 

「いやあ、あっこに座ってるおいちゃんたちいるでしょ?あのおいちゃんたちが、あなたたちが日本語で話してるのを聞いて、日本人かどうか聞いてきてって言うもんやから聞いてみたけどほんとに日本の子たちだったのね~~」

 

って。

で、そのおいちゃんたちの方見たら、すっごいにこにこしてこっち見てんの。

 

それでまた少ししてからさっきのおばちゃんが私たちの席に今度はおでん(頼んでいない)を持ってきてくださったのね。あれそれ頼んでないよ?って思って首傾げてたら、

 

さっきのおいちゃんたちがあなたたちにこれ持って行けって言うからさぁ~はい、おいしく食べてね」

 

って。

うお、まじかよっしゃって思っておいちゃんたちにありがとうございますってお礼言うたら、

 

 

「日本人のお嬢ちゃんたちかわいいからさー!」

 

とかなんとか言うてらしたから、あははーと笑ってごまかしつつにっこり笑顔でお礼言っていただきました。はは

で、そのおいちゃんたちが帰り際にまた話しかけてきたので、お話ししてたら、

 

コダイラかわいいね!ほらみてこれ写真もあるんやで!」

 

と、小平選手の写真まで見せてくれながらひたすら小平選手かわいいかわいいとおっしゃってました。(笑)

 

もちろん

 

「わたしはイサンファ選手もかわいくて好きです!」

 

と返しました。(完璧

 

なんというか、オリンピックってええなぁ。と。思ったよ。

小平選手、ほんとにおめでとうございますそしておでんごちそうさまでした!!!!

光州に来て1年が経ってしまった。이게 살화냐 。全南大の大学院生になってたよ。

なんと。。。韓国、光州に来てから1年が経ってしまったみたい。みたいというか、経った。omg

 

 

あれ、もう一年か、、としみじみしてたらこのブログの存在も思い出しました。気分で更新しよう~~とだいぶ軽く考えていたのはあるんだけど、まさかこんなにも間が開いてしまうなんて。はは

 

 

ここに来て1年が経った今は、何をしているのかというと。

とりあえずざっと現状までの流れを書いてみる。

 

2017年3月 日本で大学を卒業後すぐ渡韓、韓国光州の語学堂で韓国語研修

2017年8月 語学堂卒業 & 寮からワンルームへお引っ越し

2017年9月 光州にある全南大の大学院入学

2018年2月末現在 迫り来る開講と1年が経ったという現実に驚きと絶望

 

最後のは半分冗談です(半分ほんまやけど)

そんな感じで3月からは大学院生の2学期目がはじまりまーす

 

もともと大学卒業後の進路を悩んでいたときから、韓国に渡って語学研修をした後に大学院への進学を目標にしていたので、

目標を着々と達成できていて良い感じできております。

 

けど。

もちろん分かってたけど外国で大学院通うって。まあ~~~大変。笑

9月から1学期の間ほんとにひたすらゼエゼエはあはあしながら走りきった(時には這いつくばったりもしたかも)と思う。

学部生のときの専攻と、今院でやってる専攻が違うというのも原因の一つではあるんだけど。

自分の要領の悪さに失望したし、韓国語能力の足りなさを何度も痛感したし、意志の弱さに腹を立てたし、人はなぜ睡眠をそんなにたくさんとらなきゃいけないのかと人間の仕組みにむかついて数日間寝ずにやってたらいきなりパタリと意識が飛んだりもしたし。アホ

 

でも、ほんとにしんどい分、走りきった時はほんとになんとも言えない、今のこの自分にしか味わえない、そんな特別な達成感を感じました。

 

 

次の学期がそろそろ始まりますが。今回色々と学んだことをふまえて、もう少し要領よく余裕を持って、でもまた全力で走りきりたいなあ

 

 

このブログも自分の人生の記録として、もう少し頻繁に更新したい。と思う。。うん。

 大学院のこととか院生の日常とかぼちぼち書いていきたいな。

 

 

ここでの1年を振り返って、色々思うことはあるけども、

まず思うのは、

 

 

 

 

 

 

 

光州に来てほんとにヨカッタ!!!だいすき光州!!!以上